読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

多摩丘陵から。

トレイルランニングを中心とした日々の雑記帳です

レースレポート9-1 2016 第8回ハセツネ30K 反省と課題

レースレポート

ハセツネ30Kから一夜明け、今日は生暖かい雨の中通勤しました。朝起きたときは、ガチガチの身体も、夕方にはほぐれてきましたね。心地よい疲労感に逆に仕事もはかどりました!さて、ハセツネ30Kを改めて振り返ってみます。

■装備
Mountain Hardwearの大ファンの私。こんな装備です。

f:id:trailkun:20160404235236j:plain

THE奥宮モデル。もちろん、レインウェアもしっかりとMHを携帯。ステマか?というほどのスタイルですが機能は素晴らしくレース中ストレスを感じたことは一切なしです。今後もこのスタイルで行きたいです。

■水分
30Kというショートのレース。ただしレギュレーションでは水1.5Lですからきちんとバックパック型のハイドレーションを持ちましたよ。ただし、スタート前までに少し飲んで1Lあったかないかかな?

■補給
レース前日まで特に食事に気を付けることはありませんでした。これまでカーボローディングすると胃腸がおかしくなる反省を踏まえ、まさに普通。ただ、注意したのはスタート直前まで何かしらエネルギーを摂取したことです。これによりスタートから全開スタートできたと思います。食糧は最近お気に入りのカロリーメイト2パックとウィダーインゼリー2個。ここで反省点。このようなハイペースの心拍数の上がるレースでカロリーメイトは絶対にダメ!!口に入れた瞬間、口の中の水分がなくなり、吹き出しちゃいました!コスパはいいのですがシーンを考えないといけませんね。良かったのはウィダーインゼリー。意外と食べごたえがあり、そしてキャップがあるので半分ぐらい食べて改めて収納できる。何よりもお腹に優しい。ハンガーノックを感じることなくゴールできました。信越五岳やFTRなど、デポが可能なレースならこれで十分ですね。

■あとがき
巷では男女トップでゴールを切った選手の必須装備品不携帯による失格に盛り上がりを見せております。これについて意見が出尽くした今、私のような凡人は意見などありません。ただ、MtSNトークイベントで石川弘樹さんが懸念していた「ロードからトレイルに入ったばかりの方に対する教育が難しい」という点がまさに現実となった形です。 

trailkun.hatenablog.com

 懸念されるのは男女トップのランナーの精神状態です。もう十分、反省されたでしょう。なんせ天国から地獄を味わったわけですから。行き過ぎた誹謗中傷に悩まないでくださいね。トッキリ場で私をパスした女子トップ(になるはずだった)選手の、気持ちの良い挨拶と力強い走りとオーラ。本当に尊敬しますし一気に憧れました。ブログを拝見したところ気丈にふるまっていて一安心ですが、いや、そこまで謝らなくても…、、あ、ごめんなさい。