読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

多摩丘陵から。

トレイルランニングを中心とした日々の雑記帳です

トレランレポート8-1 2016ハセツネ30K試走 やり直し!

セミナーレポート

1週間後に迫ったハセツネ30K。2月中旬に試走を行ったことはレポートのとおりです。3戦目ということもあり、コースイメージもばっちり。あとはレースに臨むだけ…。

trailkun.hatenablog.com

 そんな中、コメントでルート変更の情報をいただきました。これまでもルート変更あり、刈寄山まで砕石工場を通るルートに変わったりだとか、その程度の大きな変更ではないんだろうなと安易に思いながら公式ホームページを覗いてみると…。ルートが逆回り!?

●変更点
入山峠(北沢峠)まで10kmロードとなっており、その後はこれまでの大会のコースを逆走するというコースです。特筆すべき大きな変更点は入山峠までのロード。ここは未知のルートなので早速試走に行ってきました。

●試走
武蔵五日市駅からスタート。いつもの林道入口では左折せずここはまっすぐ。

f:id:trailkun:20160327093504j:plain

ひたすらロードを行きます。途中、採石場のトラックが行き来するので注意が必要です。採石場まで約6kmここから盆堀林道です。さすがに斜度もきつくなります。北沢峠まで残り約2kmはきつかった!久しぶりに内臓が熱くなりました。入山峠まではいかず、この北沢峠からハセツネCUPのルートに復帰するのですが…

f:id:trailkun:20160327094002j:plain

恐らくここは登山道ではなく保線技術者用のルートかと思います。一応、刈り払いされており通行はできますが急登。鋭利に切られた木は危険で、足元も不安定。そして途中からコースは不明瞭に。ルートは正しいかわかりませんが歩けるルートを選択しトッキリ場に到着。 (2016/4/4追記_レースに参加したところ少し登ってV地にUターンしてすぐに登山道に復帰しました。そりゃそうですよね。)

こんなテクニカルで急登なルートを取らず、入山峠までロードで行き、そこからトレイルに入ったほうがいいのでは?と、ずっと頭に「?」があるままこの急登を登りました。この後、醍醐方面には行かず、入山峠から下山しました。ちょっと仕事でお疲れ気味なので無理せず…。です。

距離17km。時間にして1時間30分程度。いいペースで走ることができました。

f:id:trailkun:20160327100826j:plain