読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

多摩丘陵から。

トレイルランニングを中心とした日々の雑記帳です

トレランレポート8 2016ハセツネ30K試走

トレランレポート

今年、2年ぶり3回目の参加となるハセツネ30K。ここ最近の暖かさに雪も溶けただろうということで試走に行ってきました。

ハセツネ30Kは初参戦の2012年に何度となく試走しており本戦も2回経験していることからコースは熟知しています。わかりにくい篠窪峠からの登山道入口もわかってます。今回の命題は「歩かない」です。もちろん、ハイカーさんのすれ違いでは歩きますし、入山峠、篠窪峠では休息を入れますが、それ以外は「歩かない」です。2年前の自分との走力差を推し量りたいというものが試走の目的です。

●ハセツネ30Kとは…
距離約30K、累積上昇高度約1,600m。1,000位以内にゴールするとハセツネCUPの優先エントリー権が得られるもの。その他の情報はkeg@獣人さんのブログを見ていただければと。これ以上の情報サイトはありませんね!(本日の醍醐丸ピストンでkegさんとすれ違いました!)
http://blog.livedoor.jp/kegnetkeg/
さて、結論から言いますと、当初の目的通り「完走」することができました!過去の試走と本戦のタイム表をまとめてみました。今回の試走タイムは、2012年の試走時とくらべると1時間近く短縮できています。今年の本戦では3時間15分を切ることを目標にしたいと思います。
f:id:trailkun:20160228213254j:plain

●試走内容
始発で行こうと思いましたが案の定起きられず…。武蔵五日市駅をスタートしたのは8時半。まずはロードを5kmほど走ります。刈寄山登山道の渡河地点は杉の伐採で大分わかりづらくなっていますのでご注意を。
f:id:trailkun:20160228213958j:plain

刈寄山の登りはエグイ!だけどもまだ脚はフレッシュ。あっという間に山頂につきました。あまりに急斜面なので歩くスピードとほぼ変わりありませんが、歩くより走った方が感覚的に早いですね。
f:id:trailkun:20160228214333j:plain

入山峠から篠窪峠までの10kmはまたロード。これまで林道は後半歩いてしまっていましたが今日は歩かないがモットー。キロ6分という気持ちよいペースでガシガシ登ります。さすがに変わり映えのない林道の景色に飽きたころ、篠窪峠の登山道入口に。標高650m。ここがなかなか分かりづらいところです。
f:id:trailkun:20160228214625j:plain

仮設登山道は棘の枯草が凄まじく顔をガードして突き進みました。タイツは棘だらけ。本戦時は綺麗に刈られると思いますが、試走する際はタイツもしくはズボンを必携してください。傷だらけになります…。
f:id:trailkun:20160228215255j:plain

f:id:trailkun:20160228215501j:plain
ハセツネCUP15kmポスト地点。ここからはハセツネCUPを逆走するコースです。

f:id:trailkun:20160228215242j:plain

f:id:trailkun:20160228215629j:plain

あとは下り基調のトレイルを楽しみつつ、時たま激しい登り返しにニヤニヤしながら武蔵五日市駅まで戻りました。

●あとがき
この、とんでもないコースを歩くことなく(歩いた方が早いペースもありましたが)走り切ったことは自信になりました。また、このコースはハイカーも少なく(すれ違ったハイカーさんは片手の指に収まるくらい)集中して山と向き合えるのが素晴らしいですね。トレイル状況は、ほぼ雪は溶け軽アイゼンも必要ないという具合です。ただし上に記しましたが、仮設登山道は棘の枯草が凄いのでお気をつけください。

f:id:trailkun:20160228212437j:plain

f:id:trailkun:20160228212445j:plain