読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

多摩丘陵から。

トレイルランニングを中心とした日々の雑記帳です

NFL Championship 2015 TV観戦記

AFCチャンピオンシップ
ブロンコス20 - ペイトリオッツ18Championship
老兵は死なず、消え去るのみ」・・いや、この時代、老兵は老兵だからこそ、その経験をしてチームを輝かせる。老兵は老兵一人で戦うのではない。若きチームメイトとともに戦うのだ!!そんな試合となったAFCチャンピオンシップ。NFLでは老兵と言っても過言ではないベテランQBのペイトンマニングとトムブレイディの戦い。注目のオープニングドライブはペイトリオッツから。1stダウンを決めるも、フィールドゴールエリアには近づけずパントで終了。対するブロンコスはマニングの3rdダウンパスが立ち上がりから調子よく決まり、また、CBのパスインターフェアもありで、レッドゾーンに攻め込む。最後はタッチダウンパスを決めてあっさりと先制。ブロンコスの立ち上がりは最高の出来。しかしペイトリオッツはアウェイといこともあるのか、攻守ともに混乱した立ち上がりに見えた。この試合で特筆すべきことは、ブロンコスのディフェンスラインのラッシュが凄いこと。そのプレッシャーの焦りからか、ブレイディの不用意(に見える)パスがターンオーバーを誘発させてしまい、ブロンコスはこのチャンスをきっちりとタッチダウンに繋げる。その後もペイトリオッツのオフェンスは機能しない上に前半2ミニッツウォーニングからのタイムコントロールもうまくいかず前半終了。17-9のスコア以上に攻守ともにブロンコスペイトリオッツを圧倒した前半となった。後半はお互いにオフェンスが攻めあぐねる。そんななか、ブロコスディフェンスのミラーのラッシュが凄まじい。ブレイディに対するサックはもとよりスクリーンパスを阻止する大車輪の活躍。双方引けを取らないディフェンスの試合展開でお互いフィールドゴールを決めあい20-12。ペイトリオッツは1タッチダウン2ptコンバージョン差。4Qも残り4分。この点差、時間だからこそ起きる天王山プレイ。攻めるペイトリオッツが相手陣地20ヤードで4thチャレンジ!!!ブレィディのプレイアクションからパスも、ブロンコスディフェンスがブロック!!!!!私、これで試合が決まったかと思いました。しかし、最大の天王山は2ミニッツウォーニング後にあり。残り30秒。ブレイディ-グロンコウスキーラインで点差を2点に縮めるタッチダウンを決める!!!ここで私のテンションもMAX。それからの2ptコンバージョンを決めれば同点!オーバータイムに持ち込める。おしっこがちびれるぐらいの興奮!!!さぁ、天才ブレイディよ。どうする!?誰に投げる!?TEグロンコウスキーか?WRエデルマン、アメンドラか?はたまたRBホワイトか???しかし、この試合の流れを終始掌握しているブロンコスのフェンスラインが最後まで集中力を切らさず衝撃のインターセプトで試合終了。その瞬間、わたし、ソファで気を失うほど放心状態。終始ブロンコスが試合の流れをコントロールし逃げ切った。対する、ペイトリオッツは前半のエキストラポイントを外したことが奇しくも試合を決定づけてしまった。f:id:trailkun:20160130113338j:plain

 

NFCチャンピオンシップ
パンサーズ49 - カージナルズ15
カージナルズのオープニグドライブは3andアウト。対するパンサーズは立ち上がりからニュートンのパスが気持ちよく決まり1stダウンを重ねる。タッチダウンまではいかずともフィールドゴールを決め、上々の立ち上がり。しかし、裏を返せばカージナルズのディフェンスも良く粘り良く抑えたともいえる。双方とも大舞台に舞い上がらずごくごく当たり前のようにプレーを進める。だがパンサーズが一枚上手。デザインされたオフェンスが次々と決まり、あっという間にタッチダウン。攻撃をすれば絶対に点に繋げる集中力。ホームということもあるが、スタジアム全体がパンサーズのやることなすこと全てうまくいかせる空気だ。カージナルズはインターセプトを4つも献上するところから分かる通り攻守ともにリスクを常に負ったプレーを余儀なくされ、逆にパンサーズに逆襲されるという負のスパイラル。試合終了までこの流れは変わらず、終わってみれば49-15。ニュートンの300パスヤード、2TDランはポストシーズン初とのこと。もう手に負えられない!

 

スーパーボールの展望
AFCデンバー・ブロンコス - NFCカロライナ・パンサーズ
チームの強さはもちろん勢いは俄然パンサーズ。若い選手達がスーパーボールという大舞台に舞い上がらず、シーズン通りのプレーができれば勝利は固いと思う。一方、ブロンコスはマニングの調子は必ずしもいいものではないので、ディフェンスがAFCチャンピオンシップのような活躍を発揮すれば、ニュートンオルセンを抑え込めるはずだ。そしてロースコアに持ち込めば勝機はある。

 

2月8日は有給取得済み!朝からお酒を飲みつつ、スーパーボールを楽しもう。